太田市S様邸


1ご主人= 奥様= インタビュアー:星・大槻=星・大

:ドキドキですね。うっかりなことしゃべれない的な・・

:いや、あんまり固くならず普通に話して貰えれば大丈夫ですので。

:分かりました。

:声が出るわけじゃないので。それを文字にしますので。

:あぁ~、はい。

:上手くないこと喋っても消せるから大丈夫です。笑

一同 あはは

 家づくりを考えたキッカケ

:まず家づくりを考えるようになったキッカケってありますか?

:きっかけ?なんだったけな…

:特にないですか?お子さんが産まれたからとか。

:あっ!広告にタカトーさん1000 万円でー1 棟プレゼント的なやつやってたんだ。それ見て「何!!1000 万円の家!?」って何とか思ったのが最初かな。それでちょっと見に行こうっつって見に行ったんです。そしたらてらっち(寺内)さんに会ったんです。

:そもそもその前に家を考えてたんだよ~

:あっそっか!!あ、その前?

:その前になんかきっかけみたいのがあったんすか?

:消費税かな。

8:35 年ローン組むと、あぁ!65 になるんだって思ったのがありますね。これ以上先行くと70 が、払い終わりが70 が見えてくるっていうのがあって。

:あ~~~はい!!! あれ?建てたのは3年くらい前でしたっけ。

:そう、ちょうど30 の年ぐらい。それでそろそろかなってローンを考えた。

:展示場とかは色々行ったんですか?

:展示場はいっぱい行きました。

:へー、うちの建物は例の1000 万円のやつだけですか?

:あとTBSハウジング。他社もいっぱい行きましたよ。TBSハウジングは全部まわりました。足利の方も行ったし上毛も行った。あ、佐野の方にも行ったなー。

:結構行きましたね。

:うん。なんかのついでにひょいって行って。

:遊びがてら(笑)

:そう、で夢をもらって、「はぁ~~」って言って帰ってきて(笑)

一同 あはは

:うわぁ~、なんかシアタールームがついてるよ~、なんつって。

:すごいよ、ここのボタン押すとなんだよこれー開くんかよーみたいなのとか。

「武藤さんステキっ」て言っちゃった!

:理想とかってありましたか?例えば三角屋根で~とか。

:理想っていうよりもこれは嫌だっていう方があったんですよね。社宅の時は玄関が北側で真っ暗だったんですよ、だから暗い玄関は嫌だった。
あとは、結構実家で床生活だったんで座った目線の先に窓の外が見えないと嫌だったんですよ。社宅だと座った時に空しか見えなくってすっごい行き詰ったんですよ。
だから今はもぉ最高です。

:僕は都内だったんで庭が欲しかったのと、広いリビングがいいなっていうのがあったね。

2:旦那さんは東京出身なんでしたっけ?

:(こっくり)

:あたし田舎なんですよ。

:シティーボーイですね。

:芝の庭が欲しかったんだけど、いざ出来てみたらこんなにでかくしなくてよかった。


:アハハハ、草むしり大変ですからね。

:あと芝刈りが大変(笑)

:そう、外コンセントを1個つけたい。

:あれ?ないんでしたっけ?

:ないんですよー。不便ではないけど、あったら良かったなぁ~みたいな!

:家を建てる前になにか悩んでたこととかってあります?

:土地をどこに買おうかなーはあったかな。僕はもう少し宝泉の方が良かったんだけど、でも土地が高かった。

:そうそう。宝町は下水が通ってるから高いしねー。

:あんまり悩みもなかったっすか?

:はい。私たちよりも寺内さんが一生懸命やってくれたんで。土地探しを。頑張ってました、私たちは見に行っただけで「やだ~ここー」とかわがままばっかり言ってました~(笑)

:めげそうになった事はありましたか?

:間取りの途中ですね。

:もう嫌になっちゃいました?

:嫌になっちゃいました。

:均 武藤が(笑)?!(※武藤=設計)

:あはは。

:話を聞いてくれなかったんですか(笑)?

:いや、そうじゃなくて全部希望を言ったんですね。ロフトをつけたい、あーしたい、こーしたいって。ても金額も決まってるからこれ外して、外してってなっていったらもー全部外せ外せってなっちゃって。希望言ったのにダメなんじゃんかよー、んもーって思いました。

:はい。

:じゃあここに造れる家をデザインしてくれって言ったら、武藤さんすっごい困ってて…「あ、いや、そこは営業が頑張るとこだから、いや、こういう希望を言って下さい」って。

:あはは

:だってダメって言うじゃん!みたいな。そこで一回めげそうになりました(笑)

:なるほど。もー嫌になっちゃいました?

:嫌になりましたね、本当に。私の希望がー…希望がー…って(笑)

:床は何が良かったんですか?

:無垢がいい、無垢がいい!って言ってたんです。そしたら寺内さんと武藤さんが、「いや!この床暖仕様で無垢を入れちゃうと反ります、飽きます、大変です、嫌です」って。でも私は無垢がいい!でも「嫌です」って。
その押し問答を3回くらいしました。「どーしてもって言うんだったら一筆書いてください」って言われて。

:はい。

:でも話を聞いてみると、なんか前に武藤さんか寺内さんのどっちかが担当した方で無垢を無理に入れたらしいんですよ、そしたら反っちゃったりして大変だったみたいで。
それで「ダメっ!」って言われました。
それで大変なことになるし、そこまでして言うんだったら入れない方が…ってなったんです。

:やっぱり物には長所・短所があって、無垢だとちっちゃいお子さんいらっしゃる時は、こぼすとちょっとシミになっちゃったりもするんですよね。

:そうそう、それで自分でも色々調べた結果、次の週に行った時に「あきらめました」って言ったんです。

:で、まためげそうになっちゃって?

:そう、で、しょんぼりしました(笑)

:でも希望はちゃんと入ったかなって。

:2階のどっちからでも使えるあの引き出し。あの引き出し超便利!!

:武藤と一生懸命悩んで、どうするか?こうするか?って。

:最初行き場がなくて、最後の最後に武藤さん覚えててくれて「この間取りならこれが入れられます」けど、どうします?って

:まじでーーーーー!???って。

:あっ!1回フェードアウトしたんすね?

:そうそうそうそう。

:最初その真ん中にバルコニーがあった時には子供部屋とかのドアとかの関係、位置関係で風呂場が小さかったんですよ、それでクローゼットの位置を書き直してもらったらちょっと広がったんで「ここに入れられますけど」って。

:そうそうそう!「武藤さんステキっ」て言っちゃった!

一同 あはは

:あれどうっすか?使い勝手いいですか?

:超いいです!!!洗ったタオルを入れて向こうに押し出せるって、お風呂入るときヒョイって押し出せるんで古いのをどんどん使っていける。

:あのコンビニのジュース方式ですね?

:そうですそうです!!ジュース方式のあれ。も~あれ最高!薦めたほうがいいですよ。
すっごい!!って感動して。

 抗酸化工法まさかのデメリット

:何回くらい打ち合わせしたんすか?

:半年間、毎週!

:疲れますよね、毎週毎週めげそうになんなかったっすか?

:最初は楽しかったんですけどね(笑)

一同 あはは

:だんだん楽しくなくなってきて…今度はお金の話になって、またまたしょぼしょぼしてきて…

:俺はそんになに下がんなかった。

一同 あはは

:私だけかもしんない、ショボショボしたの…

:着工する時ってテンション上がりましたか?

:もうそこで自分は納得して契約ってしてるんで「よーし!!」って上がったかもしんない。でも基礎見てても面白くなくて。いよいよ柱が建ってきて、壁が出来てようやく。

:壁が出来て、なるほどなるほどって。こんな感じねって。

:壁が張られて張られた瞬間に「あっ!!!」って。

:あ、なるほど、部屋じゃんって。なりますよね?

:なりますなります。あ、そっからですね。きっと楽しくなったの。

:ですよね!だって足場上ってましたよね。初めてだったんすよ。足場上らせたの。

:だって屋根さわれないじゃんって。でうっかり屋根触っちゃったーって。楽しかったぁ。

:奥さんが落っこちないように見守るって初めてだなーって。

:自己責任でやりますからって。訴えませんからって。

一同 あはは

:でも私も楽しかったっすよ!私も、ほんとに。

:楽しかったです。

:ぼくらも楽しかったです。もうちょっと聞きたいんですけど、なんでタカトーを選んだんですか?

:なんでだろう…

:てらっちに騙されたんじゃない(笑)?でも言ってたのはあれだよね?抗酸化…

:そう!カビないやつ。

:それの説明受けて、超うそくせーって思いました。

:なんかチーズとか置いてあるじゃないか?カビないんですよーって言われても、直前まで冷蔵庫入ってたんじゃないの?とかって、色々思って。

:苦笑

:「うそくせー」っていう顔してたんでしょうね、私が。そしたらてらっちがすっごい苦笑いしながら「うそくさいでしょ?」って。「でもほんとですから!」って言って。「あ!やべー顔に出てた!」と思った記憶はすごくあります。

一同 あはは

:あぁ。確かにあれはうそくさいですよね?

:うそくさい。でも営業さんがそれうそくさいって言ったから、「あ!この人信用できるかも」って思ったのも確かです。

:あぁ。でも確かにあれは最初に取り入れた時社員も「うそくせーな」って思ってましたもんね。

:うん。それをちゃんと「うそくさいでしょ?でもね」って説明をしてくれたんで、「あ!うそくさいっていうの分かってるんだ!そのうえで説明もちゃんとできるんだ!」って思ったのはありますね。
そこでただずっと「これは素晴らしいんです」って言われたら、素通りしました。

:へー。説明分かりました?

:よく分からなかったのも確かですけど、そのカビが生える原理は職業柄しってますし、抗酸化っていわれてもあのイオンなんかもどこまで信じていいのかっていうのもありますし、でもー、でもそれでもそこに実物があって、まぁこれだったらまー信じてもい…い…かなっていうのも。まぁ、100%じゃなくても50%くらいその効果が発揮してもらえれば、家としてはちゃんと成り立つんだろうなって、思ったんです。

:で、それがーもし発揮されないとしてでも害はないと。

:害はないと。

3:プラスを期待しないけども、マイナスもないなと。

:マイナスもないなーって思ったんで。しかもそれで友達の家とかも行ってたんで、結露が今の所なんてあんまりないよっていうのもありましたし、あと社宅の結露もひどかったんで。

:はい。

:結露がないだけでもいいかもしれないって。

:今どうですか?

:全然ないんです!!

:おっ!!いいじゃないですかー。

:もーーーーね。これ最高ですよ。

:いいですね!!!

:梅雨時でも室内干しでいい。一晩で乾くんです。

:そうなんすよ。これ、部屋干しの匂いが違うっていうんですよね。

:うん、部屋干しの匂いは違いますね。うん、するする。そんな気がします。

:あんま気になんないよね。

:部屋干ししてると部屋全体が洗濯物の匂いがするじゃないですか?それがまったくないんです。

:匂いとか?

:あっ!まったくないです。悲しいことにアロマ焚いてもあっちゅー間に消えるんで。それだけが寂しいです。

:あはは、まさかのデメリットですね(笑)

:まさかのデメリットですよ(笑)

一同 あはは

:いい香りでお出迎えしようと思ったら「香りしない!!」入った瞬間にしないですねーって。おっとーーーって。
でも大丈夫です。そのデメリットなんかデメリットじゃないくらいメリットがあるんでいいですよ!!
部屋干し一晩っていうのはもうサイッコーですね!!ちびっこがいるご家庭では絶対いいですよ。

:お料理しても油臭いのないですもんね。

:ないですないです。

 タカトーホームを選んだ理由

:タカトーで建てると幸せになりそうな人、こんな人だったら合うんじゃないかとかってあります?逆にこんな人は買わない方がいいんじゃないかとか、この人はタカトー向きじゃないよね、とか。

:家にこもるのが嫌いな人は向いてないんじゃないかな?

:じゃあこもってる人がタカトー向き?

:んー、お家の中を楽しめる人。

:あぁぁ、なるほど。

:あまりフランクに対応されるのが嫌いな人?

:あー、フランクに対応…

:いるじゃないですか?なんというか…今みたいにこんな感じでしゃべるのが嫌だっていう人は、まあ楽しくないんだろうと。そういう風にしゃべるのは何とも思わないというか楽しめれば。

:寺内あたりがなんかもー、訳の分からないフランクさ出しますからね。

:うん。

:お前友達か?って思う時がありますからね。

:面白かったですよ?あの人。

:言ったことないですか?

:ん???

:あなた私の友達ですか?って

一同 爆笑

7:たまに電話なんか聞いてて、ちゃんとお客さまとしゃべってんの?って思うときありましたもんね。

:でも面白い。気さくっていうか、マメな人ですねあの人。

:マメですね確かに。そっか、そういう所を楽しめる人がタカトー向きですね?じゃあその人に何かアドバイスがあるとすれば?

:アドバイス?

:こうしといたほうがいいよとか。

:床暖は電気で!!!

一同 あはは

:でもどうなんだろうね灯油。「入れるの大変ですよ」の一言があれば考えたのに。給油所行って運ぶの大変。

:最初の1 年は実家に灯油缶いくつかあるんで、借りて4 つくらいまとめ買いして一個一個いれて、去年あたりから頼んで入れてらうことの楽さに気付いた。

:配達は凄く便利、しかもあれなんですよ。3 回くらいお願いをしたら、「あーあそこの杉山さんねー、入れとく入れとく」って、帰ってくると満タンに入ってて領収証の紙が入ってるんです。それを持って「払いに来ました」って行くだけだから。ほんとに楽ちん。

一同 あはは

:顔見知りになっちゃったんだ!

:そう顔見知りになっちゃった。「入れとく入れとくー」って。「すいませーん」って。それくらいかな。

:アッハッハ。そっか。

:そう。そこがね、めんどくさい。

:電気式かー。

:そう。灯油式だといれなきゃいけないよ?って。いうのを一言いってあげると悩む余地があるかなって。それでもあえて灯油っていうんだったら、それはそれで。

:うん。そうですね。

:そう、それで悩んだらウチにおいでって。私がめんどくささをとうとうと説いてあげるからって。

:アッハッハ。なるほど!あとなんでも聞いて良いですよ?

:なんでも聞いて良いですか?録音のスイッチ、プチっと切って無礼講?

:無礼講?別に今でも無礼講ですよ。

一同 あはは

:2 階のフィックス窓はやめとけば良かったかなって。寝室にある2 枚の小っちゃい窓の4 つ窓。

:窓拭けない。

:あ。そうですね。窓拭けないですよね。

:まぁ高圧洗浄でも使えばいいんでしょうけど…

:窓拭きたくなりますよね。

:まぁ年末も大掃除で一通りやるんで。でもこの開きの窓も意外と拭きづらい。

:こうやって手をやって、痛たたーって。

:ありますね、それは。

:まぁ、高圧洗浄買っちゃえばいいのかもしんないけど。

:高圧洗浄でも結局拭かないとあれですもんね。水垢残っちゃいますもんね。

:まー結局、その拭きムラのままでいいかどうかですよね。

:タカトーにお願いする時は、こんな感じにしておくといいよ、みたいな

:こんな感じ?とりあえず希望をいうと覆されるから、その強さを持っとけって。

:なるほど。めげない強さを(笑)

:めげない強さをもってろって。あと譲れない所は必ずもってろって。

:分かりました、ありがとうございます。最後に、家建てて良かったですか?

:良かったですよ!

:満足して頂けましたか?

:満足…ロフトがなー(笑)

:ロフトかー。

:ロフトがなー。外のコンセントがなーとか、色々ちまちまはあります。けど大正解だと思いますよ。

:次家建てるとしたらどうします?

:次建てるとしたら?ロフト付けます!

:分かりました。じゃあそんなところでありがとうございます!

 6